妊娠中の口腔ケア

子どもは虫歯にさせたくない!

「自分は虫歯で悩んだから、子どもの虫歯予防を頑張りたい」

そんなお母さんが増えています。

 

じゃあ、生まれて間もない赤ちゃんをせっせと歯医者さんに連れて行けばいいのかというと、プレママの間からできることがあります!

 

また、妊娠中は虫歯、歯周病などになりやすくなります。

 

それでは、正しい妊娠中の口腔ケアについて説明していきます。

妊娠中は虫歯になりやすい?

妊娠中は虫歯になりやすい?

昔から、妊娠すると赤ちゃんに歯の栄養やカルシウムをとられてしまい、むし歯になりやすいと言われていました。

 

…うそです。

 

甘いものを食べる回数が増えたり、つわりのために、歯磨きができなかったりすることで、虫歯になりやすいお口の環境になってしまうためです。

 

つまり、妊娠中の虫歯は予防できるってことです。

 

 

妊娠中の歯周病について

歯周病が早産の原因に

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、歯周病になりやすくなります。

つわりで口腔ケアができないことも重なって、歯周病が悪化してしまうことがあります。

 

妊娠している女性が歯周病にかかっている場合、早産になったり、低体重児を出産する可能性が高まるという報告があります。

 

歯周病予防で一番大切なのは歯磨きです。ハミガキネット正しい歯磨きの仕方をみて、しっかり口腔ケアしましょう。

妊娠中の口腔ケア

妊娠中の口腔ケア

つわりで、歯磨きができない…。

「まあ、いいか」と思わずにお子さんのためにもしっかり口腔ケアしていきましょう。

 

ポイントは、

① 小さめの歯ブラシを使う

 特にどうしても吐き気がある場合には、時間はかかりますがワンタフトブラシを使用してもいいと思います。

 

② 歯磨き粉を使用しない

 使用してもかまいませんが、無理に使用することはありません。

 香料によって唾液が分泌され嘔吐反射につながることがあります。

 

③ 1日1回は絶対きれいにする

 本来は夜寝る前の歯磨きを丁寧にして欲しいのですが、時間によってつわりがひどい方もいると思います。

 自分の体調の良い時間を見計らって最低1日1回は丁寧に磨きましょう。

 

④ キシリトールを食べる

 詳しくは、キシリトールで虫歯予防を参照してください。

 

食生活の変化にも注意しましょう。

甘いものや、酸味のある食物をだらだら食べていては、頑張って口腔ケアしても虫歯になってしまいます。

歯磨きのできないときは緑茶でうがいするのもいいといわれています。

 

 

虫歯菌は子どもにうつる?

虫歯菌がうつる

虫歯の原因である虫歯菌(ミュータンス菌)は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいません。

歯が生え始める頃から、主に保護者の唾液中の虫歯菌が唾液を介して感染します。虫歯菌の感染の時期が早いほど、その後に虫歯ができやすいと言われます。

保護者の口の中の虫歯菌が多いほど、子供は虫歯菌に感染しやすくなります。

 

だからって、「大人と同じ食具は使わせない!!」なんて言ってたら、離乳食の時期はストレスがすごいですよ。

子どもと同じスプーンは使いません!てお母さんがいらっしゃいましたが、相当な御苦労がありました。

 

では、こどもの虫歯を予防するにはどうすればいいでしょうか??

 

それは、周囲の大人の虫歯菌を減らすことです!!

 

 

お子さんの虫歯予防のために、周囲の大人がするべきこと

① 保護者の虫歯を治す。

 

お父さんお母さんのお口の中に虫歯があると、元気な虫歯菌がお子さんに感染するリスクが高くなります。

お子さんの虫歯予防のためには、まずは周りの大人みんなが虫歯のないお口にすることです。

 

虫歯がゼロになったら、お父さんお母さんが自分の歯磨きを上達しましょう!

ハミガキネットの正しい歯磨きの仕方をみて時間があるうちにマスターして下さい。

 

特にお母さんは、お子さんが生まれてから歯医者に行くのは大変なので、プレママさんの時期に歯医者さんにいきましょう。

 

 

キシリトールで虫歯予防

② キシリトールを食べる

 

虫歯予防の先進国フィンランドでは出産3ヶ月後から2年まで、母親が1日2~3回キシリトールガムをかむことにより、2歳児時点での母子感染率の低下に効果をあげています。

また、妊娠中にお母さんがキシリトールガムをかむのもよいとされています。

 

赤ちゃんが生まれる前から、周りの大人がキシリトールで自分の虫歯予防をすることで、結果的にお子さんの虫歯予防になるのです!!

 

ただし、キシリトールが入っていればいいというのではありません。ちゃんと虫歯予防効果のある商品を選びましょう

 

詳しくはキシリトールで虫歯予防

 

 

ハミガキネットブログ(妊娠中の口腔ケアについて)

子どもの虫歯予防のためにできること②

妊娠中にキシリトール

② キシリトールを食べる

 

虫歯予防の先進国フィンランドでは出産3ヶ月後から2年まで、母親が1日2~3回キシリトールガムをかむことにより、2歳児時点での母子感染率の低下に効果をあげています。

また、妊娠中にお母さんがキシリトールガムをかむのもよいとされています。

 

赤ちゃんが生まれる前から、周りの大人がキシリトールで自分の虫歯予防をすることで、結果的にお子さんの虫歯予防になるのです!!

 

ただし、キシリトールが入っていればいいというのではありません。ちゃんと虫歯予防効果のある商品を選びましょう

 

詳しくはキシリトールで虫歯予防

 

 

0 コメント

子どもの虫歯予防のためにできること①

子どもの虫歯予防に周囲の大人の虫歯予防を

【周囲の大人の虫歯菌を減らす】

 

① 保護者の虫歯を治す。

 

お父さんお母さんのお口の中に虫歯があると、元気な虫歯菌がお子さんに感染するリスクが高くなります。

お子さんの虫歯予防のためには、まずは周りの大人みんなが虫歯のないお口にすることです。

 

虫歯がゼロになったら、お父さんお母さんが自分の歯磨きを上達しましょう!

ハミガキネットの正しい歯磨きの仕方をみて時間があるうちにマスターして下さい。

 

特にお母さんは、お子さんが生まれてから歯医者に行くのは大変なので、プレママさんの時期に歯医者さんにいきましょう。

 

 

0 コメント

虫歯菌は子どもにうつる?

虫歯菌は子どもにうつる

虫歯の原因である虫歯菌(ミュータンス菌)は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいません。

歯が生え始める頃から、主に保護者の唾液中の虫歯菌が唾液を介して感染します。虫歯菌の感染の時期が早いほど、その後に虫歯ができやすいと言われます。

保護者の口の中の虫歯菌が多いほど、子供は虫歯菌に感染しやすくなります。

 

だからって、「大人と同じ食具は使わせない!!」なんて言ってたら、離乳食の時期はストレスがすごいですよ。

子どもと同じスプーンは使いません!てお母さんがいらっしゃいましたが、相当な御苦労がありました。

 

明日は、お子さんを虫歯にしないためにできることを説明します。

2 コメント

妊娠中の口腔ケア

妊娠中 つわり中の口腔ケア

つわりで、歯磨きができない…。

「まあ、いいか」と思わずにお子さんのためにもしっかり口腔ケアしていきましょう。

 

ポイントは、

① 小さめの歯ブラシを使う

 特にどうしても吐き気がある場合には、時間はかかりますがワンタフトブラシを使用してもいいと思います。

 

② 歯磨き粉を使用しない

 使用してもかまいませんが、無理に使用することはありません。

 

③ 1日1回は絶対きれいにする

 本来は夜寝る前の歯磨きを丁寧にして欲しいのですが、時間によってつわりがひどい方もいると思います。

 自分の体調の良い時間を見計らって最低1日1回は丁寧に磨きましょう。

 

④ キシリトールを食べる

 詳しくは、キシリトールで虫歯予防を参照してください。

 

食生活の変化にも注意しましょう。

甘いものや、酸味のある食物をだらだら食べていては、頑張って口腔ケアしても虫歯になってしまいます。

 

 

0 コメント

妊娠中の歯周病について

妊娠と歯周病について

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、歯周病になりやすくなります。

つわりで口腔ケアができないことも重なって、歯周病が悪化してしまうことがあります。

 

妊娠している女性が歯周病にかかっている場合、早産になったり、低体重児を出産する可能性が高まるという報告があります。

 

歯周病予防で一番大切なのは歯磨きです。ハミガキネット正しい歯磨きの仕方をみて、しっかり口腔ケアしましょう。

0 コメント