虫歯菌は子どもにうつる?

虫歯菌は子どもにうつる

虫歯の原因である虫歯菌(ミュータンス菌)は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいません。

歯が生え始める頃から、主に保護者の唾液中の虫歯菌が唾液を介して感染します。虫歯菌の感染の時期が早いほど、その後に虫歯ができやすいと言われます。

保護者の口の中の虫歯菌が多いほど、子供は虫歯菌に感染しやすくなります。

 

だからって、「大人と同じ食具は使わせない!!」なんて言ってたら、離乳食の時期はストレスがすごいですよ。

子どもと同じスプーンは使いません!てお母さんがいらっしゃいましたが、相当な御苦労がありました。

 

明日は、お子さんを虫歯にしないためにできることを説明します。

コメントをお書きください

コメント: 2