キシリトールとは?

虫歯予防にキシリトール

キシリトールってよく耳にするけど一体何でしょうか?

キシリトールの特徴を3つ、ここではご紹介いたします!

 

虫歯の原因にならない甘味料

砂糖と違い、虫歯の原因となる酸を作らない、

シラカバやカシなどの植物から作られる天然由来の新しい甘味料です。

 

カロリーは砂糖の約75%

甘みは砂糖とほぼ同等なのにカロリーは約75%!

虫歯だけではなく肥満の予防にもなる嬉しい甘味料なのです。

 

歯の再石灰化を促進

食事やおやつの後に適切にキシリトールを取ることで

お口の中をすばやく中和し、歯の再石灰化を促進します。

 

虫歯を予防するキシリトール製品

  キシリトールタブレット

    キシリトールガム

   子ども用タブレット


キシリトール商品の選び方

キシリトールの選び方

キシリトールガムでもタブレットでもどちらでもよいです。

食後すぐ歯磨きをできないときは、ガムを噛んで唾液を出すのもいいかもしれません。

 

キシリトール配合でも、砂糖が入っていては意味がありません。

でも、良く分からない…。と言う方は次の表示をチェックしてください。

 

 ・シュガーレス

 ・甘味料のうちキシリトールが50%以上含有

 ・果汁、クエン酸など酸性になるものが入っていない

 

 

キシリトールって下痢になる?

キシリトールと下痢

キシリトールは体内への吸収が少ないため、そのまま腸へ移動します。キシリトールは水を吸着する性質もが非常に強いため、多量の水分を吸着した状態で、大腸まで移動します。キシリトールが腸内細菌によって分解されると、キシリトールに結合していた水分が遊離し、大腸内容物の水分含量を増加させ、これが下痢につながります。

 

私は、タブレットを一日4個くらい食べますが、おなかはゆるくなりません。

個人差はありますが、一度試してみてください。

キシリトールの虫歯予防に効果的なとり方

キシリトール 特保

虫歯予防の為には、キシリトール100%配合のガムやタブレットを1日3回、1粒を毎食後に取り、さらに睡眠前に取ると効果的です。

(キシリトール100%なら、歯磨き後に食べても大丈夫です) 

 

むし歯になりやすい方は、1日5回、毎食後と間食後、睡眠前に1粒取ることをおすすめします。

一度にたくさん摂るよりも、一日に何度かに分けて摂るほうが効果的です。

 

特に、唾液が減ってしまったり酸で虫歯ができやすい状態になる食後や睡眠前などに取るのが効果的です。

 

回数やタイミングはあまり気にせず、何かを食べたら噛む、というように、無理なくできる範囲で長く続けることがでコツです。

 

キシリトールの成分はおよそ数分で流出しますが、よく噛んで、唾液をたくさん出すことも、むし歯予防に大切なことです。

 

キシリトールガムを噛む場合は、味がなくなってもそのまま5分~10分噛むことをおすすめします、タブレットの場合は咬まずに舐めてください。

 

キシリトールを食べて、約3ヶ月ほど経つとむし歯になりにくくなるといわれています。

でも、その後すぐにやめてしまうと、しばらくして再びむし歯菌が増え始め、むし歯になる危険性も高くなってしまいます。

むし歯予防のためには、まずは毎日、続けて摂ることが大切です。

 

手軽にできて虫歯予防に効果的なキシリトール習慣、あなたも是非始めてみてください!

キシリトールタブレット

キシリトール100%使用
キシリトール以外の甘味料は使っていません。

お口の中でゆっくり溶かすだけでキシリトールが広がります。

虫歯の原因となる酸が作られません。

歯の主成分を配合
歯の主成分であるリン酸カルシウムを配合。

歯の再石灰化を促進します。

お子さんから大人まで楽しめる3種類の味
爽やかでスッキリした味わいの甘くない「クリアミント」

ミントのからさが苦手な方におすすめの甘みのある「オレンジ」

そして2つの味が楽しめる子ども向けの「スティッチ・イチゴ&グレープ」

 それぞれお好みの味が選べます。

 

ガムを食べる習慣のない方や小さなお子様も、楽しくキシリトール習慣を続けられます。治療中でガムを噛めない方にも最適です。


【原材料】
食物繊維(ポリデキストロース)・甘味料(キシリトール)・香料・乳化剤・リン酸-水素カルシウム、フクロノリ抽出物
【効果的な取り方】
1日摂取目安量:1回に3粒を噛まずに5分程度舐める。

1日5〜7回を目安に、1週間続けると効果的です。

内容量:70粒入り 35g
甘味料:キシリトール100%
味:クリアミント

備考: ※1日3回食べたとして約1週間分です

歯磨きのごほうびに!

子ども用スティッチ キシリトールタブレット

スティッチ キシリトール

ガムが噛めないお子様に1歳半頃からのキシリトール習慣を!

1袋にグレープとイチゴの2つの味が入っています。

 

おやつや歯みがきのごほうびとして最適です

●一度に多量に食べると、体質によりお腹がゆるくなる場合があります。

 一時的なものですので心配はありません。

●お子様が喉に詰まらせないよう、十分に気を付けてください

●咬まずにゆっくり舐めると虫歯の予防効果が期待できます

 

キシリトールだけではなく、虫歯予防に一番大切なのは歯磨きです!

→子どもの歯磨きの仕方のページ

キシリトールガム

ムシ歯になる危険性が高く、積極的にキシリトールガムを使う場合には、1日5~7回(キシリトール100%では、1日5~7gの量と言うことです) 毎食後と間食の後、就寝前に1粒ずつ噛むことが薦められます。

* ロッテの「キシリトール・ガム[ LIME MINT ]ボトル」の例;
1製品に100粒(150g) キシリトール(53%)は64.3g含有 
1粒あたり0.643g 
→1回1粒 毎食後で3回使用で約1.93g(3歳までの虫歯菌に感染してしまった子供への対応例)
→1回2粒 毎食後と就寝前の4回使用で約5.14g となります。(大人の量として最小単位)
→1回2粒 7回使用で約9g となります。
注)パッケージには大人の使用例として「1日摂取目安量:1回に2粒を5分噛み、1日7回を目安に、1週間続けると効果的です。」と記入があります。 

ハミガキネットのブログ(キシリトール)

キシリトール入りチョコレート

歯医者さんが作ったチョコレート

「歯医者さんが作ったチョコレート」

というものがあります。

 

砂糖をまったく使わず、甘味料が100%キシリトールなので、「むし歯が予防できるチョコレート」ということです。

 

これは歯科医院専売品なのですが、とにかく高くあまり売られていません…。

 

砂糖ではなくキシリトール100%のおやつとしては賛成ですし、キシリトールを日常的にお子さんが摂取するのもいいと思うんですが、

「歯磨き後のごほうびとして」

というのは、ちょっと賛成できません。

虫歯にはなりませんし、歯磨きへのモチベーションアップにはなりますが、

おこさんにとって、キシリトール入りも砂糖たっぷり入りも同じチョコレートです。歯磨き後に甘いものを食べる習慣がつく方が怖い気がします…。

 

興味のあるかたは、移動中などどうしてもおやつが必要な時に特別なおやつとして食べるのはいかかでしょうか?

 

キシリトールについて詳しく知りたい方はキシリトールで虫歯予防

 

 

 

0 コメント

子どもの虫歯予防のためにできること②

妊娠中にキシリトール

② キシリトールを食べる

 

虫歯予防の先進国フィンランドでは出産3ヶ月後から2年まで、母親が1日2~3回キシリトールガムをかむことにより、2歳児時点での母子感染率の低下に効果をあげています。

また、妊娠中にお母さんがキシリトールガムをかむのもよいとされています。

 

赤ちゃんが生まれる前から、周りの大人がキシリトールで自分の虫歯予防をすることで、結果的にお子さんの虫歯予防になるのです!!

 

ただし、キシリトールが入っていればいいというのではありません。ちゃんと虫歯予防効果のある商品を選びましょう

 

詳しくはキシリトールで虫歯予防

 

 

0 コメント

キシリトールと下痢

キシリトールと下痢

キシリトールは体内への吸収が少ないため、そのまま腸へ移動します。キシリトールは水を吸着する性質もが非常に強いため、多量の水分を吸着した状態で、大腸まで移動します。キシリトールが腸内細菌によって分解されると、キシリトールに結合していた水分が遊離し、大腸内容物の水分含量を増加させ、これが下痢につながります。

 

私は、タブレットを一日4個くらい食べますが、おなかはゆるくなりません。

個人差はありますが、一度試してみてください。

0 コメント

キシリトール入り飴??

キシリトール入りの飴

飴には注意して下さい!!

キシリトール50%以上含有しているものは、歯科専売品以外ではほとんどありません。

 

飴に配合されているキシリトールはひんやりとした爽快感を得るために配合されていることが多いのです。

 

そのためにキシリトールは配合されていても量が少なく効果が薄く「虫歯の原因にならない」ですが、「虫歯予防」にはなりません。

 

砂糖は入っていなくても果汁や蜂蜜が配合されていて「虫歯の原因」となってしまう商品もあります。

0 コメント

キシリトールと成分表示

歯科医師会公認ゆるきゃら にゅう坊

「成分表示の何を見たらいいの?」

「炭水化物とか糖質ってどういうこと??」

という方のために。

 

続きを読む 0 コメント

キシリトール商品の選び方

キシリトールタブレット

 

「キシリトールの商品は何を選んだらいいか分からない」という人は

 

 ・シュガーレス

 

 ・甘味料のうちキシリトールが50%以上含有

 

 ・果汁、クエン酸など酸性になるものが入っていない

 

 

これだけは注意して選んで下さい。

 

「まだ、分からない~」という人は

キシリトールで虫歯予防コチラで紹介している商品を買って下さい。

世間には、キシリトールが入っているだけの、虫歯予防には関係のないキシリトール商品があふれています。砂糖ゼロならまだ安心ですが。

 

0 コメント

キシリトール商品ならなんでもいい?

キシリトール商品 選び方

キシリトールって、書いてあれば、なんでも良いわけではありません。

 

キシリトール配合でも、砂糖が入っていては意味がありません。

また、果汁などの酸味が含まれるものも口の中が酸性になるため逆効果になります。

 

虫歯予防のためと思って食べていたものが虫歯の原因になることもあります。

 

きちんと商品を選びましょう!

 

詳しくはキシリトールで虫歯予防コチラ

 

 

 

0 コメント

キシリトール製品の虫歯予防に効果的なとり方

虫歯予防の為には、キシリトール100%配合のガムやタブレットを1日3回、1粒を毎食後に取り、さらに睡眠前に取ると効果的です。

 

むし歯になりやすい方は、1日5回、毎食後と間食後、睡眠前に1粒取ることをおすすめします。

一度にたくさん摂るよりも、一日に何度かに分けて摂るほうが効果的です。

 

特に、唾液が減ってしまったり酸で虫歯ができやすい状態になる食後や睡眠前などに取るのが効果的です。

 

回数やタイミングはあまり気にせず、何かを食べたら噛む、というように、無理なくできる範囲で長く続けることがでコツです。

 

キシリトールの成分はおよそ数分で流出しますが、よく噛んで、唾液をたくさん出すことも、むし歯予防に大切なことです。

 

キシリトールガムを噛む場合は、味がなくなってもそのまま5分~10分噛むことをおすすめします、タブレットの場合は咬まずに舐めてください。

 

キシリトールを食べて、約3ヶ月ほど経つとむし歯になりにくくなるといわれています。

でも、その後すぐにやめてしまうと、しばらくして再びむし歯菌が増え始め、むし歯になる危険性も高くなってしまいます。

むし歯予防のためには、まずは毎日、続けて摂ることが大切です。

 

手軽にできて虫歯予防に効果的なキシリトール習慣、あなたも是非始めてみてください!

 

キシリトールで虫歯予防 コチラ

0 コメント

キシリトールタブレットの原材料・効果的な取り方

キシリトール100%使用
キシリトール以外の甘味料は使っていません。

お口の中でゆっくり溶かすだけでキシリトールが広がります。

虫歯の原因となる酸が作られません。

歯の主成分を配合
歯の主成分であるリン酸カルシウムを配合。

歯の再石灰化を促進します。

お子さんから大人まで楽しめる3種類の味
爽やかでスッキリした味わいの甘くない「クリアミント」

ミントのからさが苦手な方におすすめの甘みのある「オレンジ」

そして2つの味が楽しめる子ども向けの「スティッチ・イチゴ&グレープ」

 それぞれお好みの味が選べます。

 

ガムを食べる習慣のない方や小さなお子様も、楽しくキシリトール習慣を続けられます。治療中でガムを噛めない方にも最適です。


【原材料】
食物繊維(ポリデキストロース)・甘味料(キシリトール)・香料・乳化剤・リン酸-水素カルシウム、フクロノリ抽出物
【効果的な取り方】
1日摂取目安量:1回に3粒を噛まずに5分程度舐め、1日5〜7回を目安に、1週間続けると効果的です。

内容量:70粒入り 35g
甘味料:キシリトール100%
味:クリアミント

備考: ※1日3回食べたとして約1週間分です

 

詳しくは コチラを 見てください。

2 コメント

キシリトールタブレットのご紹介

1.キシリトール100%使用
キシリトール以外の甘味料は使っていません。

虫歯の原因となる酸は使われていません。

2.歯の主成分を配合
歯の主成分であるリン酸カルシウムを配合。

歯の再石灰化を促進します。

3.お子さんから大人まで楽しめる3種類の味
爽やかでスッキリした味わいの甘くない「クリアミント」

ミントのからさが苦手な方におすすめの甘みのある「オレンジ」

そして2つの味が楽しめる子ども向けの「スティッチ・イチゴ&グレープ」

 

それぞれお好みの味が選べます。


内容量:70粒入り 35g
甘味料:キシリトール100%
味:クリアミント

備考: ※1日3回食べたとして約1週間分です

0 コメント

キシリトールの三大特長!

キシリトールってよく耳にするけど一体何でしょうか?

キシリトールの特徴を3つ、ここではご紹介いたします!

 

虫歯の原因にならない甘味料

砂糖と違い、虫歯の原因となる酸を作らない

シラカバやカシなどの植物から作られる天然由来の新しい甘味料です。

 

カロリーは砂糖の約75%

甘みは砂糖とほぼ同等なのにカロリーは約75%!

虫歯だけではなく肥満の予防にもなる嬉しい甘味料なのです。

 

歯の再石灰化を促進

食事やおやつの後に適切にキシリトールを取ることで

お口の中をすばやく中和し、歯の再石灰化を促進します。


0 コメント

キシリトールの効能

  • キシリトールの甘さにより唾液を出させる効果 → 唾液が増えることで酸を中和する能力が高まり、再石灰化を促進する。

  ガムタイプでは噛むことにより、さらに多くの唾液が分泌して再石灰化を助けます。

  • 歯垢中のむし歯菌(ミュータンス菌など)を減少させ、虫歯を作る酸を抑制する効果があります。
    ミュ-タンス菌は通常、糖を取り込みエネルギー源として酸を生成します。その酸により、歯の表面直下より脱灰(カルシュームイオンやリンイオンが放出されること⇔この逆を再石灰化と言います)される事により、むし歯が始まります。しかし、ミュータンス菌はキシリトールを取り込むことができないので徐々に弱って行ってしまい、酸を生成できません(このようなサイクルを"無益代謝回路 futile metabolic cycle"と呼びます)。細胞に貯蔵されているエネルギーを消費させる一方で、なんらエネルギー産生には役立たずに繰り返されることによって、段々機能が縮小されて行くことになります。 
  • キシリトールを使い続けると、先ず口腔内の歯垢(プラーク:Plaque=歯糞)の虫歯菌(ミュータンス菌など)の数が少なくなります。
  • 体質改善という言葉がありますが、さらに使い続けて行くと虫歯になりにくい歯垢に変わって来ます。歯垢の体質改善(虫歯を起こす菌を選択的に除菌する効果)がなされ、むし歯が出来にくい細菌のバランスの性状に変化して来ます。

    注) 歯科医院では虫歯菌を通常2回の通院で直接除菌する治療法も始まっています。

  • 歯垢の性状の変化によって歯磨きがし易くなり、また歯肉炎なども起きにくくなります。
  • フッ素は再石灰化など歯への対応が主であるのに対して、キシリトールは原因のプラーク(う蝕発生の要因)に直接的に働き、脱灰を防ぐのに効いたり、ダ液の分泌を促し再石灰化しやすくさせたりします。