正しい歯磨きの仕方

正しい歯磨きの仕方

毎日磨いているのに虫歯になってしまう…

歯周病や口臭が気になる…

これ以上お口のことで悩まされたくない!

 

そんな方は是非正しい歯磨きの方法を身につけてください

毎日の歯磨きに勝る予防はありません。

 

それでは一緒に歯科医師も勧める正しい歯磨きの方法を見ていきましょう!

正しい歯磨きの方法・歯磨きの手順

この歯磨きの手順が、どんな方の場合でも基本になります。

 

磨く順番を決めましょう!!

 順番に磨くことによって、効率よく磨き残しなくみがいていくことができます。

 2本ずつ、10~20回を目安に磨きましょう

(引っ込んだ歯や傾いた歯などは1本ずつ磨きましょう) 

 

前歯2面 唇側、舌側

 

臼歯3面 頬側、舌側、咬合面 

 

 

下の順番は一例です。自分の磨きやすい順番で、全ての歯の面を磨くように工夫して下さい。

出典 pro.saraya.com
出典 pro.saraya.com

初めは手順をみながら、鏡を見ながら行って下さい。

慣れれば、考えなくてもできるようになります。

 

正しく歯ブラシを行うと3分以上はかかると思います。

(電動歯ブラシの場合は1本2秒ずつなので、2分ほどで終わると言われています。私はもうちょっと時間かけます。)

 

咬合面は上の歯と下の歯がしっかり噛んでいる場合にはあまり磨かなくても自浄作用があるので汚れは残りにくいです。

生えたばかりの歯でまだしっかり伸びていない場合や、傾いた歯は咬合面にプラークが残りやすいため、しっかり磨く必要があります。


歯ブラシだけでは終われません!

 

右の図にもあるように、歯ブラシだけでは汚れの6割程度しか落とせないと言われています。

フロスや歯間ブラシを使用してやっと9割程度です。

 

 

詳しくはフロスについて歯間ブラシについて

 

 

虫歯と歯周病になりやすい場所

虫歯と歯周病になりやすい場所

 

あなたは、虫歯、歯周病どちらに悩んでいますか?

 

詳しくは

虫歯になりやすい方の歯磨き歯周病の方の歯磨き